2005/8/27 シフトワイヤー交換

いよいよリアディレイラーの動きがおかしくなってきたのでワイヤー交換。
実はそろそろ交換時期だろうと春頃にインナー、アウター共に購入済だったが、「まあ、まだいいか」と使い続け、ついに変速不良の症状が出てきたと言う訳です。
先ずは古いワイヤーを取り外しにかかったが、リア側のワイヤーはSTIレバー側で切れかかって解れていて、なかなか取れません。
ドライバーの先とか、細い六角レンチなどを使ってようやく取れた。
アウターも外して、キャップだけは再度使うので綺麗にする。
アウターはシマノ製だけど単体部品ではなく、ショップで切り売りしてもらった物。
適当な長さに切り分けて、3箇所のアウターを全て新しくする。
単体の純正部品ではないのでインナーワイヤーを挿入すべき方向はないと思う。
グリスを付けながらインナーワイヤーを通して、最後に前後ディレイラーに届く適当な長さに切って、エンドキャップを付け、ディレイラーに固定する。
でも、ディレイラーへの固定位置が中々一発では決まらず、仮止め、変速、やり直しを必ず2~3回は繰り返してしまいます。

整備のついでに、前ブレーキのシューを船ごと交換。
10速アルテ用でトーイン調節が可能となったタイプです。
で、付け替えて分かった事は、トーイン調節用のワッシャが増えた分、船の厚みが増えて、そのままだとリムとの間隔がほとんど無くなってしまう事。
ブレーキワイヤーの固定を緩めて、再調整して作業完了。

片付けようとして気が付きました。前輪の空気圧がかなり低いです。
恐らくパンクだけど、今日はもう疲れたので修理は明日。
[PR]
by evo40 | 2005-08-29 12:57 | 自転車 | Comments(0)

約5年ぶりにブログを再開します。 趣味を中心に雑多な内容を書いてみたいと思います。


by evo40