2006/5/2 弥高山サイクリング

岡山へ帰省した機会を利用して、弥高山へサイクリングに行ってきました。
『弥高山』とはどこかと言いますと、私の生まれ故郷である川上町(今は市町村合併によって高梁市の一部となってます)の最高峰にして、今や県内サイクリストの聖地になってます。

と言うのは真っ赤な嘘で、サイクリストを見かける事は稀だそうです。
どうしても田舎は車社会になるんだよねぇ。自転車で走るととっても面白い環境にはサイクリストが少ないという、非常に勿体無い話です。

ま、前置きはこれくらいにして、9時の待ち合わせに向けて8時に矢掛を出発するつもりが、ちょっと遅れて8時10分頃出発。待ち合わせ場所は一山登った所なんで、少々焦りながら坂道を登っていきました。
広域農道と呼ばれる道で、斜度は7%程度が続き、場所によっては10%近いと思われますが、なぜか斜度に対する注意標識は立ってません。農道だからでしょうか?
無事9時前に待ち合わせ場所に到着し、程無くして今日のサイクリングに付き合ってくれる小中学校時代の友人H川君が反対側から登ってきました。
正月の同窓会以来の再会を喜んで挨拶を交わした後、お互いの自転車を観察。で、彼の自転車はいわゆるネオクラッシックと呼ばれるものでしょうか、クロモリのラグドフレームに7速のスプロケです。
渋さでは絶対に負けてますが、機材的には圧倒的に有利でしょうから、今日の勝負は絶対に負けられません。
って、勝負する気はないか。

だんだんと気温が上がる事を予想して、半袖ジャージに短レーパンで来ましたが、意に反して天候は余計にどんより雲になり、山の上という事もありえらく寒いです。下りに備えて持って来たウィンドブレーカを早速羽織る羽目になりました。
一旦下った後、弥高山へ向けての上りを淡々と登っていきます。
中学時代に何回も登っていますが、当時より遥かに楽に感じられます。やはり機材の違いでしょうね。
で、到着。
今はこんなに立派な管理棟兼ロッジもあります。
ここで早めの昼食。(残念ながら、写真撮り忘れましたOrz)
これは何でしょう?お墓にも見えますね。
すべり台です。
小学生の頃と変わらない姿で残ってました。遠足に来て滑った記憶が蘇ってきました。
この山頂付近はつつじの名所として整備されていて、この日も沢山の観光客の方が来ていました。
昔はなんにも無い山で、瀬戸内海まで見渡せる景色だけが売りだったので観光客もまばらだったと思います。地元の方達の努力の成果ですね。
ケータイのカメラでは鮮やかさが表現できません。残念。
とりあえず咲き誇るつつじの前で記念写真。
サイクリングに付き合ってくれたH川君です。見るからにクライマーでしょ?
42x23Tくらいのギヤで、この登りをこなしているのですから強くなるに決まってますね。最新機材を手にされたら敵わないかな。
その後、H川君のお宅へお邪魔して暫し歓談の後、矢掛へ向けて帰りましたが、来た道を帰っても面白くないので、成羽へ出て日名を通って美星へ登って帰りました。
って、地元の人じゃないと、どこを走ってるのかサッパリ分かりませんね。

88km / --kg / --%
[PR]
Commented by 田舎のローディーH川 at 2006-05-16 20:48 x
先日は、ありがとう  つきあったというか 足手まといでしたが 楽しい一時を過ごせました。 デジカメのUP 見させてもらいました。        ちなみにパンクはいやですねー  
Commented by evo40 at 2006-05-17 01:56
いえいえ、仕事まで休んで付き合ってもらって、ありがとう。
ちなみに、あの時の自転車は既にスクラップとなってしまいました(ToT)
実は14日の日曜日に練習に出かけ、その途中で交通事故に遭って全損です。たぶん自分も数メートル吹っ飛ばされ、意識の無いまま救命救急センターへ運ばれましたが、運良く大した怪我も無く、翌日には退院する事が出来ました。(ムチウチ症の状態にはなっていますが)
もう少し落ち着いたら、ダメになった自転車の写真も含めて投稿する予定です。
今回は幸いにも大した事は無かったですが、お互い事故には十分気を付けましょう。
by evo40 | 2006-05-09 20:00 | 自転車練習 | Comments(2)

約5年ぶりにブログを再開します。 趣味を中心に雑多な内容を書いてみたいと思います。


by evo40